メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

小1の不安に耳傾けて

スーツを着て、新しいランドセルを背負い入学式に向かう男児=東京都内で

 大きなランドセルを背負い、一人で歩いて学校に向かう。そんな新1年生の姿に目を細めながらも、どこか心配になってしまうのが親心というもの。初めての学校生活に臨む子どもに、どう接したらいいのか。

 ●友人がいない環境

 「お子さんたちがたくさん入っているサッカーのチーム、この辺で知りませんか」。東京都練馬区の会社員、佐藤和美さん(37)は3月上旬、近所にある小学校に電話した。そのまま少し調べてもらうと、副校長が「うーん、お母さん」と申し訳なさそうに切り出した。「野球をやっている子どもはかなりいるみたいなんですけど……」

 次男が入学を翌月に控えていたが、同級生に友人どころか顔見知りもいない。小学校は近くの認可保育所から集まってくる子どもたちが多いのに、次男は今まで、電車で20分かかる勤務先近くの私立保育所に預けてきたからだ。自分のママ友達も、周辺に縁がない人ばかりだった。サッカー教室に2年間通った経験を生かし、地元のチームに入れば同級生がそれなりにいて仲間もできるはず--。そう高をくくっていた。

この記事は有料記事です。

残り1635文字(全文2084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです