メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万葉集

人気じわり 乱世の証し? 苦境の人照らす「命」の歌 万葉学者・中西進さんに聞く

インタビューに応じる万葉学者の中西進さん=京都市西京区で2018年4月10日、川平愛撮影

 日本最古の歌集「万葉集」が気になる。書店には現代語訳や漫画、ゆかりの地を歩く旅の本など関連書籍が並ぶ。ふと、万葉学者の中西進さん(88)が「万葉集がもてはやされる時代は乱世だ」と話していたことを思い出した。今、私たちは乱世を生きているのか。それを乗り切る知恵を万葉集は教えてくれるのだろうか。中西さんに聞いた。【花澤茂人】

 「今は混乱の時代です。そんな感じがしませんか」

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1313文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです