メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

巨人8-2阪神 菅野完投、2勝目

 (4)甲子園(巨人3勝1敗)

巨人 010320020=8

阪神 000001010=2

 <勝>菅野 2勝2敗 登板4

 <敗>藤浪 1敗   登板4

 投打で圧倒した巨人が快勝。二回に小林が先制打を放ち、四回は吉川尚、ゲレーロが連続適時打、五回は坂本勇の2点打でリードを広げた。投げては菅野が安定した投球で今季初完投で2勝目。阪神は先発・藤浪が制球に苦しみ、連勝は3で止まった。

 開幕戦の借りはきっちりと返した。大量リードを背に、最後までマウンドを守った巨人の菅野。開幕戦で打ち込まれた阪神打線を6安打2点に抑えての今季初完投。大黒柱の貫禄を示した。

 直球を軸に、切れの良いスライダーを交えて打ち取った。六回は先頭打者から3連打で1点を失い、なおも無死一、二塁のピンチを迎えたが、鳥谷、糸井を打ち取ると、最後は4番・ロサリオを外角のスライダーで空振り三振に仕留め、切り抜けた。「外(角)に対応できていなかった」と相手の主砲を冷静に見極めた、必然の三振だった。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです