メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマートデイズ

シェアハウス「かぼちゃの馬車」投資トラブル 破綻、拭えぬ疑念

建築費、相場より40%割高/融資時の書類で年収水増し

 土地や資金がなくてもシェアハウスのオーナーになれます--。そんな触れ込みで会社勤めの約700人から多額の投資を募っていた不動産会社「スマートデイズ」(東京都中央区)が今月、倒産した。入居率の低迷による経営悪化が原因とされているが、経営の不透明さが指摘されている。億単位の借金を背負い苦境に立たされたオーナーの一部は刑事告訴に向け動き始めている。【五十嵐朋子、佐久間一輝】

 「うそつき!」「土下座しろ、土下座!」。今月12日、東京都千代田区内の貸会議室。スマートデイズによ…

この記事は有料記事です。

残り1535文字(全文1797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです