大丸松坂屋

名古屋・栄に新店舗 テナント型業態 20年の開業目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大丸松坂屋百貨店は、名古屋・栄地区に新たな商業施設の出店を検討している。関係者によると、新築ビル1棟をまとめて借り、2020年の開業を目指す。従来の百貨店型ではなく、有力店舗を誘致するテナント型業態になる見通しだ。

 新商業施設の出店先は、栄地区中心部を走る広小路通と大津通の交差点の角地で、名古屋三越栄店のはす向かいにある「日本生命栄町ビル」跡地。日生が地上6階、地下2…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

あわせて読みたい

注目の特集