メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転

ソフトで支援 東大准教授が開発公開

車両を制御して走らせるための基本ソフト「オートウエア」を無償公開した東京大の加藤真平准教授=名古屋市で、共同

 自動運転の開発が進む中、車両を制御して走らせる専用ソフトを東京大の加藤真平准教授(36)が無償で公開し、国内外で活用されている。ベンチャー企業も手掛け、「自動運転車を使った移動サービスを年内に実現させる」として、商業施設での買い物客の輸送などを計画している。

 昨年12月、愛知県幸田町で全国初の公道実験が実施された。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担ったのが加藤さんだ。

 10年近く前、留学先の米国で自動運転に接し、帰国後は名古屋大で研究を進めた。2015年に長崎大など…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1022文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]