メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農研機構

花粉症緩和米の食卓遠く 「医薬品」商品化に壁

農研機構が開発した花粉症緩和米。他のコメと混ざらないように栽培・精米される=茨城県つくば市で、岡田英撮影

 スギ花粉症がご飯を毎日食べるだけで和らぐ--。そんな効果が期待される「スギ花粉症緩和米」が農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)=茨城県つくば市=でできて約15年たつが、実用化の見通しが立たない。厚生労働省は「治療・予防目的のため医薬品」との見解を示しており、製造や品質維持にコストや手間がかかる。その割に十分な薬価が期待できず、製造や販売を担う製薬会社が現れないからだ。

 「普通のお米と味も風味も大差ありません」。農研機構の担当者は、密閉したガラス皿に入れたもみを手に胸…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです