メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリーブ

小豆島植樹110年 品質高めブランド強化

ゆっくりと搾り出される黄金色のオリーブ油香川県小豆島町池田で、秋長律子撮影

 オリーブが初めて小豆島(香川県)に植えられ22日で110年を迎える。国内では晴天が多く雨が少ない、小豆島を中心とする香川県が主な栽培地だったが、近年は九州などにも急速に広がっている。収穫量も増加が見込まれ、産地間競争が激化する可能性がある。同県は新品種開発や海外で通用する独自の品質基準を普及させ、ブランド力強化を急ぐ。【植松晃一】

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1275文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 大阪府警 手帳示し「捜査だ」JRに不正乗車の巡査長処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです