メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

無人機輸出の規制緩和 武器売却拡大へ方針

 トランプ米政権は19日、外国への米国製武器売却の拡大に向け、武装無人機の輸出規制緩和や通常兵器の輸出迅速化を盛り込んだ新方針を発表した。国内の雇用創出や貿易赤字削減につなげる狙いで、日本を含む同盟国を対象に武器売り込みを加速させるのは必至だ。

 トランプ大統領が大統領選から公約に掲げている米国製品購入を呼び掛ける「バイ・アメリカン」に沿った措置。武器市場で存在感を増す中国などに対抗する意味合いが濃く、ナバロ米通商製造業政策局長は「無人機市場が中国の模倣品に奪われている」と…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ORICON NEWS 楽天・松井裕樹&石橋杏奈が結婚「より一層野球に精進」
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです