メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

無人機輸出の規制緩和 武器売却拡大へ方針

 トランプ米政権は19日、外国への米国製武器売却の拡大に向け、武装無人機の輸出規制緩和や通常兵器の輸出迅速化を盛り込んだ新方針を発表した。国内の雇用創出や貿易赤字削減につなげる狙いで、日本を含む同盟国を対象に武器売り込みを加速させるのは必至だ。

 トランプ大統領が大統領選から公約に掲げている米国製品購入を呼び掛ける「バイ・アメリカン」に沿った措置。武器市場で存在感を増す中国などに対抗する意味合いが濃く、ナバロ米通商製造業政策局長は「無人機市場が中国の模倣品に奪われている」と…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです