かぼちゃの馬車

借金背負った多数のオーナー「なぜ破綻」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
数棟が並んで建つシェアハウス「かぼちゃの馬車」の物件=東京都内で、佐久間一輝撮影
数棟が並んで建つシェアハウス「かぼちゃの馬車」の物件=東京都内で、佐久間一輝撮影

「スマートデイズ」倒産、700人が刑事告訴へ動き始める

 自前の土地や資金がなくてもシェアハウスのオーナーになれる--。そんな触れ込みで会社勤めの人から、多額の投資を募っていた不動産会社「スマートデイズ」(東京都中央区)が今月、倒産した。入居率の低迷で経営が悪化したことが理由だが、経営の不透明さも指摘されている。1億円を超える借金を背負った約700人のオーナーは刑事告訴に向けて動き始めた。【五十嵐朋子、佐久間一輝】

 今月12日、東京都千代田区内の貸会議室。200人ほどが席を埋めたオーナーへの説明会は怒号に包まれていた。「どのような経営が行われていたのか、第三者委員会で調べようとしたのですが、資金が足りず……」。今月2日に交代したばかりのスマートデイズの赤間健太社長が声を絞り出す。「話にならない。前の社長を出せ」。出席者は破綻の経緯やオーナーの救済策を再三にわたって問いただした。

この記事は有料記事です。

残り2128文字(全文2521文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集