メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

佐藤名人が寄せ切る 1勝1敗のタイに 第2局

 石川県小松市の旅館「辻のや花乃庄」で19日から指されていた第76期名人戦七番勝負第2局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、同市など協力)は20日午後7時22分、佐藤天彦(あまひこ)名人(30)が挑戦者の羽生善治竜王(47)を103手で破り、対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。残り時間は佐藤17分、羽生1時間26分。第3局は5月8、9の両日、奈良市の法相宗大本山興福寺で指される。

 第1局は羽生が横歩取りからの乱戦を制したが、本局は角換わりのじっくりした中盤戦から、佐藤が決断よく…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです