メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

神奈川県が費用の自己負担分を補助規則

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術について、神奈川県が手術費用の自己負担分を県費で補助する規則を定めていたことが県立公文書館の保存する文書で判明した。手術件数を増やしたい県は「手術費用負担が一つの難点。補助が行われるならば、家族らの同意が得やすい」としていた。県は詳細に関する調査を始めた。

 保存されていたのは県衛生部長(当時)が56年8月に保健所長らに宛てた文書。その中で、同法12条に基…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです