メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

神奈川県が費用の自己負担分を補助規則

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術について、神奈川県が手術費用の自己負担分を県費で補助する規則を定めていたことが県立公文書館の保存する文書で判明した。手術件数を増やしたい県は「手術費用負担が一つの難点。補助が行われるならば、家族らの同意が得やすい」としていた。県は詳細に関する調査を始めた。

 保存されていたのは県衛生部長(当時)が56年8月に保健所長らに宛てた文書。その中で、同法12条に基…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです