姫路の施設

知的障害者の首から「私はうそつき」のカード

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
事業所内に掲示されていた貼り紙=姫路市提供
事業所内に掲示されていた貼り紙=姫路市提供

掛けさせた障害福祉サービス会社を処分

 知的障害のある入所者の首に「私はうそつきです」と書かれたカードを掛けさせる虐待をしたなどとして、兵庫県姫路市は20日、同市西庄の障害福祉サービス会社「実る」(室井千香子社長)に対し、隣接する場所で運営する「ぐるーぷほーむ みのる」の事業者指定を同日から6カ月間停止すると発表した。同社は6日に事業所の廃止届を提出している。

 市によるとグループホームには知的障害のある女性3人が入所。室井社長は2016年3月、このうち20代の1人に対し、就寝時や入浴時以外にカードを首から掛けるよう強要した上、私物の携帯用音楽プレーヤーを1年以上にわたって取り上げたという。またスタッフに対し、「時間内に食べない場合は食事がなしでもいい」などと指示。市はこうした行為が、障害者の人格尊重義務を定めた障害者総合支援法違反にあたると判断した。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文635文字)

あわせて読みたい

注目の特集