メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みのひだフォーカス

農業分野で障害者の就労促進 「農福連携」普及へ本腰 県が窓口一本化 啓発、財政支援へ /岐阜

 県は今年度から農業の現場で障害者が働く「農福連携」を本格化させる。「縦割り行政」の弊害や、農家への周知不足もあり、これまで期待されたような障害者雇用は進んでいなかった。窓口を一本化し、農福連携の制度普及に向けた取り組みに本腰を入れるが、JAとの連携や、農業分野において就労を希望する障害者の有無の把握など課題も多い。【岡正勝】

 2日、県農畜産公社内のぎふアグリチャレンジ支援センターに「農福連携推進室」が開設された。平工孝義セ…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1390文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]