メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

纒向遺跡

位置はっきり 桜井市、柱立てる整備完成 /奈良

建物跡に柱が立てられた纒向遺跡の一部=奈良県桜井市辻で、藤原弘撮影

 邪馬台国の有力候補地の一つとされる桜井市の纒向(まきむく)遺跡で、建物遺構の位置が分かるようにと市が進めていた柱を立てる整備が完成した。JR桜井線西側の約2500平方メートルで、大型建物を含む3棟の跡にスギの柱計65本を立てた。「史跡纒向遺跡」の標柱や規模を説明する陶板も設けた。

 現地では、3世紀前半から中ごろにかけて…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文315文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  3. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]