メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

纒向遺跡

位置はっきり 桜井市、柱立てる整備完成 /奈良

建物跡に柱が立てられた纒向遺跡の一部=奈良県桜井市辻で、藤原弘撮影

 邪馬台国の有力候補地の一つとされる桜井市の纒向(まきむく)遺跡で、建物遺構の位置が分かるようにと市が進めていた柱を立てる整備が完成した。JR桜井線西側の約2500平方メートルで、大型建物を含む3棟の跡にスギの柱計65本を立てた。「史跡纒向遺跡」の標柱や規模を説明する陶板も設けた。

 現地では、3世紀前半から中ごろにかけて…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文315文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 3階から屋上に向かう部分で19人が死亡 折り重なるように倒れ 京アニ火災
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 京王線、小田急多摩線が運転見合わせ 沿線で火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです