メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

纒向遺跡

位置はっきり 桜井市、柱立てる整備完成 /奈良

建物跡に柱が立てられた纒向遺跡の一部=奈良県桜井市辻で、藤原弘撮影

 邪馬台国の有力候補地の一つとされる桜井市の纒向(まきむく)遺跡で、建物遺構の位置が分かるようにと市が進めていた柱を立てる整備が完成した。JR桜井線西側の約2500平方メートルで、大型建物を含む3棟の跡にスギの柱計65本を立てた。「史跡纒向遺跡」の標柱や規模を説明する陶板も設けた。

 現地では、3世紀前半から中ごろにかけて…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文315文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟女性遺体 不明の知人男性か 遺体を発見
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです