メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR備後落合駅

無人駅、たっぷりガイド 元国鉄マン、往時の姿を観光客に 広島県庄原

 広島県庄原市のJR備後落合駅で、元国鉄機関士の永橋則夫さん(75)がボランティアとして乗客のガイドを務めている。最盛期に100人以上が働いた駅も、今はひっそりとした無人駅。かつてのにぎわいを伝えようと、当時の制服姿で昨年4月から続けている。

 JR西日本の広島、岡山、米子各支社の境界に当たる中国山地の山あいに位置。乗り入れる芸備線、木次線とも全列車が折り返す終着駅となっている。降り立つのは、駅に来ること自体を目的とした鉄道ファンや地元住民らに限られる。

 「駅名は3支社の路線が落ち合う、というのが由来です」。4月上旬の朝、駅に集まった乗客約10人に制服…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文821文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  5. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです