メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

非核化、今後の見極め必要 「核実験中止」 被爆者「完全な廃絶を」 /長崎

 北朝鮮が核実験場廃棄の決定などを伝えた21日、被爆地の長崎、広島からは、歓迎の声が上がる一方で、「今後の動きを見極めなければならない」と冷静に受け止める声も聞かれた。

 世界で核実験が実施されるたびに抗議の座り込みを続けてきた住民団体「核実験に抗議する長崎市民の会」代表で長崎市の被爆者、山川剛さん(81)は、核兵器廃絶に向けた「明るいニュース」と歓迎する一方、「既に保有していると思われる核兵器の廃棄には言及していない。被爆者が願っているのは完全な核廃絶だ」と求めた。

 1974年発足の市民の会の座り込みは、昨年9月に北朝鮮が実施した6回目の核実験までで402回を数え…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです