北朝鮮

核実験・ICBM発射中止 米朝会談へ布石

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
朝鮮労働党中央委員会第7期第3回総会に出席した金正恩委員長(奥)=北朝鮮・平壌で2018年4月20日、朝鮮中央通信・朝鮮通信
朝鮮労働党中央委員会第7期第3回総会に出席した金正恩委員長(奥)=北朝鮮・平壌で2018年4月20日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 【ソウル渋江千春、ワシントン高本耕太】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は20日、党中央委員会総会で「我々にはいかなる核実験、中長距離ミサイル、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射も必要なくなった」と述べた。総会では21日から核実験とICBM発射実験を中止し、北部の核実験場を廃棄することも決めた。今後の南北、米朝首脳会談の成功に向けた布石だとみられ、トランプ米大統領は即座に「良いニュースだ」と歓迎した。ただ、金委員長は既存の核兵器の放棄には言及しておらず、具体的な非核化に向けてはさらに曲折が予想される。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1150文字)

あわせて読みたい

注目の特集