特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会

1.7万人が出席 安倍首相主催

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「桜を見る会」で招待客と記念撮影に臨む安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵さん(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2018年4月21日午前、長谷川直亮撮影
「桜を見る会」で招待客と記念撮影に臨む安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵さん(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2018年4月21日午前、長谷川直亮撮影

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」が21日午前、東京・新宿御苑で開かれた。首相は妻の昭恵氏とともに出席した。あいさつでは、学校法人「森友学園」「加計学園」を巡る問題や福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑など一連の不祥事を踏まえ、「行政を揺るがす事態となっており、責任を痛感している」と改めて陳謝。「うみ…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集