佐賀・神埼の陸自ヘリ墜落

飛行データ異常なし 陸自調査長期化へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 佐賀県神埼(かんざき)市で2月に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが民家へ墜落した事故で、防衛省がフライトデータレコーダー(飛行記録装置)を分析した結果、原因につながる異常は確認されなかった。データによる早期原因究明が困難な状況になり、調査が長引く見通しになった。政府関係者が明らかにした。同省は、原因を究明するまで、垂直離着陸輸送機オスプレイの佐賀空港(佐賀市)への配備計画を巡る地元との調整を控える方針だ。原因究明の遅れに伴い、オスプレイ配備計画もさらに遅れそうだ。

 事故機には、飛行状況を記録したフライトデータレコーダーと、操縦席の音声を記録したボイスレコーダーが搭載されていた。損傷が激しかったため、同省は製造業者にデータ抽出や分析を依頼した。しかし、機器類のデータや音声には特段の異常がなかった。機体に突然異変が生じ、操縦士が対応する間もなく墜落したとみられる。陸自の事故調査委員会は、さらに詳細な解析を要請しているが、データから原因を特定するのは困難な状況だ…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文780文字)

あわせて読みたい

ニュース特集