メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

北朝鮮「核実験中止」 非核化の道、不鮮明 正恩氏「保有」なお強調

核・ミサイル開発問題を巡る金正恩委員長の報告

 北朝鮮が核と中長距離、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験の中止を決めたことは、南北や米朝首脳会談を前に、朝鮮半島の非核化に向けて前向きな雰囲気を醸成する一歩だと評価する見方もある。ただ、北朝鮮は現時点では核保有を堅持する構えは崩しておらず、今回の決定では具体的な道筋は描かれていない。楽観的なムードを国際社会に広げることで、核実験や相次ぐミサイル発射で強化された国連安保理の制裁解除を勝ち取ろうとする思惑も透けて見える。【ワシントン会川晴之、ソウル渋江千春】

 「平和を守る強力な宝剣をもたらす戦いが立派に締めくくられ、われわれの子孫が尊厳を持ち幸せな生活を享…

この記事は有料記事です。

残り2011文字(全文2293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです