メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
この50年の世界

1968~2018 第3部・核兵器禁止への道/中 南ア、自ら核廃絶 アパルトヘイトに限界

1970~80年代に原爆製造の拠点だった南ア原子力公社の施設=ペリンダバで2018年4月20日、小泉大士撮影

 「1974年から89年までに原爆6個を製造したが、90年にすべて解体した」

 93年3月、南アフリカのデクラーク大統領は議会演説でひそかに核兵器を開発していた事実を明かし、世界を驚かせた。

 白人政権によるアパルトヘイト(人種隔離)政策によって国際社会から経済制裁を受け、孤立していた南ア。89年9月に大統領に就任したデクラーク氏はその2週間後、少人数の閣僚らを大統領官邸に招集して決意を告げていた。「南アは今後、国際社会の一員に復帰する。そのためには政治体制を民主化し、核計画を放棄しなければならない」

 元南ア原子力公社総裁で招集された一人のワルド・ストンフ氏(75)によれば、会議そのものは30分程度…

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1483文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです