メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

結束力に限界 反保護主義示せず 米への対応ズレ

黒田日銀総裁(前列中央)と麻生財務相(同右)=ロイター

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は20日、焦点だった保護主義の抑止で有効な対応策を示せないまま閉幕した。トランプ米政権が次々に打ち出す保護主義政策に対し、日本など多くの国が懸念を表明。しかし、各国の立場や思惑にズレもあり、歩み寄りは見られなかった。G20の結束力に限界があることを改めて露呈した格好だ。

 閉幕後の記者会見で議長国アルゼンチンのドゥホブネ財務相は「(各国の立場には)差異がある」と語り、議…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1011文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです