連載

もう一度食べたい

今は店頭から消え、しかし読者の皆さんが「もう一度食べたい」と願う懐かしの食材、食べ物をご紹介します。

連載一覧

もう一度食べたい

オゴなます ハレの食卓、島の母の味

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「このサイズが食べごろ」と海藻のオゴを手にする松本烝二さん
「このサイズが食べごろ」と海藻のオゴを手にする松本烝二さん

 磯の香をまとったあさぎ色の「オゴなます」。かむたびに「コリッ、コリッ」と耳奥に心地よい音が響く。まるで歯ごたえを確認するかのような--そうか、この音なのか。兵庫県養父市の主婦、藤岡弘子さんの耳に残る六十余年も前の食感。忘れられないはずの味と音である。

 藤岡さんから便りをいただいたのは昨年春。ふるさとは瀬戸内海の因島(現広島県尾道市)と書かれた手紙には「私が14歳のとき母は他界しましたが、行事があるたびお膳に並ぶ料理に『オゴなます』がありました。コリコリした歯ごたえが大好きで、作り方まで教わりました。私は79歳になり、あの味に出合うことはもう無理かとあきらめています。もし口にすることができたらうれしいです」とあった。

 私も瀬戸内の島育ちだが、海藻の「オゴ」は採ったことも食べたこともない。「海藻採りなら暑い時期か」と昨年8月、因島に近い佐島(愛媛県上島町)の松本鈴恵さん(69)に電話を入れた。松本さんは6年前、イギス豆腐の取材でお世話になった佐島生活研究グループのリーダーである。聞くとオゴの採取は桜の咲くころ。夏場のものは食べられないと言われ、この4月まで待つこととなった。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1280文字)

あわせて読みたい

注目の特集