メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『空気の検閲 大日本帝国の表現規制』=辻田真佐憲・著

 (光文社新書・950円)

 1928~45年の「帝国日本の検閲」の実態を、内務省警保局が作っていた『出版警察報』などの史料から生々しく描き出した。昭和初期のエロ・グロ・ナンセンスの時代には主に「風俗壊乱の禁止」がターゲットだったが、31年の満州事変を経て、32年以降になると「安寧秩序紊乱(びんらん)の禁止」、つまり危険思想の取り締まりに重点が移ったという。

 「風俗」表現と、思想に関わる言論統制の問題を、合わせて論じているのが面白い。38年に小林秀雄が雑誌…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  3. 特殊詐欺防止 4人に感謝状 磯子署 /神奈川
  4. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです