メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

パンダダンゴ×上野動物園 「おいしくなれ」改良重ね

イラスト 佐々木悟郎

 東京・上野動物園の人気者がむんずと黄色いダンゴをつかんだ。木の上のお気に入りの場所に座り、興味津々に眺めてほんの少しかむと、見守っていたスタッフから笑みがこぼれた。昨年6月に誕生したジャイアントパンダのシャンシャン。手にしていたのは「パンダダンゴ」だ。

 トウモロコシや大豆、米の粉に卵などを混ぜ、耳たぶほどの軟らかさになるまで練る。体重に応じて量を変え、三角や丸形に固めて45分ほど蒸せばできあがり。少し硬めの蒸しパンのような食感だ。

 カンカン、ランランが上野に来た1972年、日本のパンダの歴史が始まった。北京動物園からの引き継ぎに…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1043文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです