伊能測量

支援者たたえ 研究会が子孫に感謝状

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伊能測量の協力者の子孫に感謝状が手渡された
伊能測量の協力者の子孫に感謝状が手渡された

 江戸時代に日本初の実測地図を作った伊能忠敬(1745~1818年)の活動を支えた人たちの功績をたたえようと、伊能忠敬研究会は21日、東京都千代田区の学士会館で、「伊能測量協力者顕彰大会」を開いた。全国から、協力者の子孫とその家族など約180人が参加。同研究会が先祖宛ての「功績感謝状」を子孫らに手渡した。同研究会の渡辺一郎…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

ニュース特集