メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訴訟

固定残業手当は無効 会社に支払い命令 社員の同意必要 長崎地裁判決確定

 長崎市の米穀会社が導入した固定残業手当制度が有効かが問われた訴訟があり、長崎地裁は、導入時に従業員の同意を得なかったなどとして制度を無効と判断し、会社に対し社員ら5人に未払い残業代など約1700万円を支払うよう命じた。会社側が3月、福岡高裁への控訴を取り下げ、地裁判決が確定した。人件費抑制のため固定残業手当を導入する会社が増えるなか、一方的な導入に司法が警鐘を鳴らした形だ。

 昨年9月14日の長崎地裁判決(富張邦夫裁判官)によると、長崎市の米穀会社「サンフリード」は、201…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1133文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
  3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
  5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]