メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訴訟

固定残業手当は無効 会社に支払い命令 社員の同意必要 長崎地裁判決確定

 長崎市の米穀会社が導入した固定残業手当制度が有効かが問われた訴訟があり、長崎地裁は、導入時に従業員の同意を得なかったなどとして制度を無効と判断し、会社に対し社員ら5人に未払い残業代など約1700万円を支払うよう命じた。会社側が3月、福岡高裁への控訴を取り下げ、地裁判決が確定した。人件費抑制のため固定残業手当を導入する会社が増えるなか、一方的な導入に司法が警鐘を鳴らした形だ。

 昨年9月14日の長崎地裁判決(富張邦夫裁判官)によると、長崎市の米穀会社「サンフリード」は、201…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです