メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR山田線

最終列車見送る駅長 きょうから5駅で無人化

無人化で営業を取りやめ、最後の駅長となった尾崎浩徳さん。駅構内を見つめる姿はりりしかった=JR茂市駅で2018年4月21日、鬼山親芳撮影

 JR山田線宮古-盛岡間の5駅が21日を最後に、乗車券販売などの営業を取りやめた。22日以降、無人化される。このうち茂市駅の尾崎浩徳駅長(57)ら駅員4人も配置転換される。妻を病気で失い、岩手県釜石市内の自宅も東日本大震災で流された尾崎駅長は無人化を仏壇の妻に告げて駅に向かい、最終列車を万感の思いで見送った。

 営業を取りやめ、無人化されるのは茂市をはじめ陸中川井、川内、区界、上米内の各駅。信号機やポイントを…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文780文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです