メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・浪江

原発事故の記憶「語り継ぐ」祈念碑除幕式

浪江町苅宿地区の住民が復興への決意を刻んだ祈念碑=福島県浪江町苅宿で2018年4月21日午前11時58分、岸慶太撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨年3月末に解除された福島県浪江町苅宿地区の住民が、事故の記憶を後世に伝える祈念碑を建立し21日、除幕式が行われた。

 苅宿地区には事故前、約100世帯が住んでいたが、これまでに帰還したのは7世帯にとどまる。多くの住民が暮らした証しを残そうと、町の補助金なども受けて約290万円で祈念碑を建てた。

 場所は町中央公民館苅野分館前。復興の決意を黒御影(みかげ)石(高さ約2.6メートル、幅約2.1メートル)に刻み、裏面には事故当時の98人の世帯主名を入れた。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです