メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

結束力に限界 反保護主義示せず、米への対応ズレ

黒田日銀総裁(前列中央)と麻生財務相(同右)=ロイター

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は20日、焦点だった保護主義の抑止で有効な対応策を示せないまま閉幕した。トランプ米政権が次々に打ち出す保護主義政策に対し、日本など多くの国が懸念を表明。しかし、各国の立場や思惑にズレもあり、歩み寄りは見られなかった。G20の結束力に限界があることを改めて露呈した格好だ。

 閉幕後の記者会見で議長国アルゼンチンのドゥホブネ財務相は「(各国の立場には)差異がある」と語り、議…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです