メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊能測量

支援者たたえ 研究会が子孫に感謝状

伊能測量の協力者の子孫に感謝状が手渡された

 江戸時代に日本初の実測地図を作った伊能忠敬(1745~1818年)の活動を支えた人たちの功績をたたえようと、伊能忠敬研究会は21日、東京都千代田区の学士会館で、「伊能測量協力者顕彰大会」を開いた。全国から、協力者の子孫とその家族など約180人が参加。同研究会が先祖宛ての「功績感謝状」を子孫らに手渡した。同研究会の渡辺一郎名誉代表(88)は「各地で測量に協力した人々に関心を持ってもらい、伊能研究の輪を広げ…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです