江南藤まつり

薄紫色のすだれ、濃厚な香り放ち 愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
多くの観光客らを魅了する薄紫色の藤の花=愛知県江南市の曼陀羅寺公園で2018年4月21日午後1時14分、兵藤公治撮影
多くの観光客らを魅了する薄紫色の藤の花=愛知県江南市の曼陀羅寺公園で2018年4月21日午後1時14分、兵藤公治撮影

 薄紫色のすだれに甘い香り--。愛知県江南市前飛保町寺町の曼陀羅(まんだら)寺公園で21日、「江南藤まつり」が始まった。

 園内には広さ4700平方メートルの藤棚に、12種類、約60本の藤があり、好天で一気に開花が進んだ。市商工観光課によると、早咲きのカピタンは既に満開を過ぎたが、名物の九尺藤は7分咲…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

あわせて読みたい

ニュース特集