メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

国交なくとも交流活気 日本と台湾、自治体の友好協定急増 中国に配慮、経済や観光中心

台湾中部・台中市を訪れ、地元産の茶器を贈る山形県の吉村美栄子知事(中央)

 国交のない日本と台湾で、近年、地方自治体同士の交流が活気づいている。経済や観光に関する友好交流協定などが急増し、日本の自治体トップが台湾を訪れるケースも目立っている。流れが変わったのは、東日本大震災で台湾から多くの支援が寄せられた2011年。親日的で地理的に近い台湾との交流は、観光客呼び込みや特産品輸出といった地域活性化につながるかもしれない--。日本側には、そんな期待もあるようだ。【台北・福岡静哉】

 台北駐日経済文化代表処によると、日台の自治体同士の友好交流協定や姉妹都市締結などは11年までで20…

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1078文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  3. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  4. ゴーン会長逮捕 日産と司法取引 東京地検特捜部が適用
  5. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです