メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚

コラージュ・日比野英志

 「女性活躍」を掲げながら、この国の政府の人権感覚は一体どうなっているのか。辞任表明した福田淳一・財務事務次官のセクハラ疑惑。公文書改ざんで指弾を受けている最中の倫理観の欠けた対応や発言に、女性の権利問題の専門家らも怒りをあらわにしている。【井田純】

「公正中立な第三者が調査」常識

 週刊新潮の報道が発端となったこの疑惑。「加害者」側の財務省は16日、被害者側に、同省の顧問弁護士に名乗り出るよう求めた。

 「長年セクハラ問題に取り組んでいますが、こういう発想には初めてお目にかかりました。日本の高級官僚は…

この記事は有料記事です。

残り2492文字(全文2743文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ぐるっと首都圏・旅する・みつける 東京・調布 深大寺 水と緑が豊かな古刹 都心から30キロのオアシス /東京
  3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
  4. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
  5. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]