メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

『幕末の海軍』神谷大介氏が刊行 蒸気船、明治維新を加速

 今年が明治150年ということで、薩長の重鎮ら新政府の指導者層に光が当たっている。その延長に、「明治日本の精神」を称揚する歴史観がのぞいたりすることもあるが、違和感がある。

 その点、『幕末の海軍 明治維新への航跡』(神谷大介著・吉川弘文館)は、全く違う視点から書かれていて新鮮だ。

 この本の主役は蒸気船である。1853(嘉永6)年、神奈川県三浦半島の浦賀に米ペリー艦隊が来航。初めてやって来た蒸気船は幕末日本を大きく変えた。あまり知られていないと思われる光景を四つ選んで紹介すると--。

 (1)日本沿岸を頻繁に行き交う蒸気船の数々。衝突事故も発生した。

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1586文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 維新の大阪・松原市議 本会議欠席して妻と沖縄旅行 体調不良を理由に

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです