メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

棋譜の余白

ライトなファン層も取り込み=山村英樹

 「34年ぶりに新しいタイトル戦が生まれました」

 13日に名古屋市で行われた前夜祭で日本将棋連盟の佐藤康光会長は高らかに宣言した。

 長く7タイトル(名人、王将、竜王、王位、王座、棋王、棋聖)だった将棋界に、八つ目のタイトル戦が誕生した。叡王戦。前期までは、優勝者が将棋ソフトと対戦する電王戦への出場を決める棋戦だったが、今期第3期からタイトル戦に昇格した。段位別予選、本戦トーナメントを勝ち抜いた金井恒太六段(31)と高見泰地六段(24)が、ともに初タイトルをかけて七番勝負を戦う。

 主催は、インターネットテレビのニコニコ生放送で名人戦などの中継を行ってきた「ドワンゴ」。新聞社、通…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです