メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊検査ミス

女性死亡 業過致死容疑、院長ら書類送検へ 北九州

 高度な不妊治療で知られる北九州市八幡西区の「セントマザー産婦人科医院」で2016年に不妊治療の検査のため手術を受けた30代の女性が死亡した医療事故があり、福岡県警は23日にも担当した30代の男性医師や60代の男性院長ら3人を業務上過失致死容疑で書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、女性は16年11月、不妊治療のために同医院を訪れて卵管に詰まりがないかを調べる…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです