メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊検査ミス

女性死亡 業過致死容疑、院長ら書類送検へ 北九州

 高度な不妊治療で知られる北九州市八幡西区の「セントマザー産婦人科医院」で2016年に不妊治療の検査のため手術を受けた30代の女性が死亡した医療事故があり、福岡県警は23日にも担当した30代の男性医師や60代の男性院長ら3人を業務上過失致死容疑で書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、女性は16年11月、不妊治療のために同医院を訪れて卵管に詰まりがないかを調べる検査を受けた。検査は女性に全身麻酔をかけた上で、腹部に穴を開けて小型カメラを挿入する腹腔(ふくくう)鏡手術で実施。女性はその後容体が急変し、北九州市内の別の病院に搬送されたが、翌月に死亡した。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです