メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊検査ミス

女性死亡 セントマザー医院、3人書類送検へ 福岡県警

 高度な不妊治療で知られる北九州市八幡西区の「セントマザー産婦人科医院」で2016年に不妊治療の検査のため手術を受けた30代の女性が死亡した医療事故があり、福岡県警は23日にも担当した30代の男性医師や60代の男性院長ら3人を業務上過失致死容疑で書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。【柿崎誠】

 捜査関係者によると、女性は16年11月、不妊治療のために同医院を訪れて卵管に詰まりがないかを調べる検査を受けた。検査は女性に全身麻酔をかけた上で、腹部に穴を開けて小型カメラを挿入する腹腔(ふくくう)鏡手術で実施。女性はその後容体が急変し、北九州市内の別の病院に搬送されたが、翌月に死亡した。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです