メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夕張市

生徒の夢、手助け 公設塾きょうから 高校生向け 進路指導も /北海道

 夕張市は23日、市内唯一の高校である道立夕張高校(生徒65人)の生徒を支援する公設塾「夕張学舎キセキノ」を始める。財政難から、クラウドファンディングで全国から集められた寄付を活用し、将来の夢に必要な進路の指導も手助けするのが特徴。

 市内には高校生向けの学習塾や予備校がなく、同塾で学力に自信のない生徒の予習・復習を指導する。さらに、興味や挑戦したいことを伸ばすため、一人一人の希望に沿った受験や進路の指導も実施する。受験対策だけでなく、意欲や動機付けを支援し、地域の子どもたちが将来の夢をかなえる手助けをする狙いがある。

 開設は土日祝日を除く午後3時半から9時までで、受講料は月額3000円(最初の1カ月は無料)。3人の講師スタッフが新規採用されたが、今後はスウェーデンの大学生とのオンライン英会話やプログラミング入門ゼミの企画も予定。外部講師の授業や地域住民との交流も図る。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです