メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いらっしゃい

カルチャー喫茶 野薔薇=忍野村忍草 /山梨

 典雅な建物に店を構えているカフェだ。店内には常にクラシック音楽が流れている。オーナーの後藤芙美子さん(80)は、別荘や保養所、大学のセミナーハウス、ホテルなどを対象にした布団の製造・貸出業を営んでいたが、長男に経営を任せて、1994年6月に店をオープンさせた。

 子どもの頃からピアノや合唱に関わってきた。「文化の香りがあり、精神的に安らげる」がコンセプト。店の中央には白いグランドピアノを置いた。カウンター4席、椅子が32席ある。

 「森の中の文化イベント館」を名乗る。食事や喫茶はもちろん、2階には写真展や詩や短歌教室の会場になるスペースがある。会食・立食パーティーや趣味の会合などにも利用できる。1階には花などを展示するギャラリーも併設。少人数のコンサートや個人リサイタル会場にも使われ、地域の文化交流拠点となっている。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  5. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです