メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

15年ぶりの再会 /島根

 およそ15年ぶりの再会でした。先日、毎日新聞松江支局を訪ねてくださった森田一平さん。本紙島根・石見・鳥取面の連載企画「三江線が走る町から」を執筆いただいています。

 私が政治部に勤務し、青木幹雄・自民党参院幹事長(当時)らを担当していたころ、森田さんも山陰中央新報の東京支社勤務で同じような取材対象だったことがあり、夢中で走り回っていたそのころを2人で懐かしく振り返りました。私は体重が増えて外見が変わりましたが、森田さんは精悍(せいかん)な姿を維持されており、うらやましくも思いました。

 今回分かったのですが、森田さんと私は年齢(49歳)も学年も同じ。それだけに、森田さんの思い切った決断に敬意を抱かずにはいられませんでした。

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです