四国こんぴら歌舞伎大芝居

千秋楽 芝翫さんら、感謝の餅つき /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
来場者に感謝の気持ちを込めて餅をつく芝翫さん(左)=香川県琴平町の金丸座前で、山中尚登撮影
来場者に感謝の気持ちを込めて餅をつく芝翫さん(左)=香川県琴平町の金丸座前で、山中尚登撮影

 琴平町の旧金毘羅大芝居(金丸座)で開かれていた「第34回四国こんぴら歌舞伎大芝居」が22日、千秋楽を迎えた。親子そろって襲名披露をした八代目中村芝翫(しかん)さん、四代目中村橋之助さん、三代目中村福之助さんらが来場者へ感謝の気持ちを込めて餅つきをし、つきたての餅を振る舞った。

 金丸座前であった餅つきには芝翫さん親子…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文325文字)

あわせて読みたい

注目の特集