メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

映画「戦場のピアニスト」の主人公は…

街並みが破壊された、首都ダマスカス郊外の路上で演奏するエイハム・アハマドさん=本人提供

 映画「戦場のピアニスト」の主人公はユダヤ人だった。第二次世界大戦中のポーランド・ワルシャワを舞台に、6年に及ぶナチス・ドイツによる排斥と迫害から生き延びた実在の若いピアニストを描いた▲70年余を経て、現代版・戦場のピアニストと呼ばれるエイハム・アハマドさん(30)は、シリアに生まれ育ったパレスチナ難民3世だ。内戦でがれきと化したダマスカス郊外の町ヤルムークの路上で、「少しでも希望と喜びを」とピアノを奏で、人々を喜ばせた▲しかし3年前、ピアノは過激派組織の戦闘員に焼かれ、トルコやセルビアを経由しドイツへ難民として逃れた。現在、妻子と暮らし、独各地でコンサートを開き、戦争の悲惨さを弾き語りで訴えている▲彼を有名にしたのは、シリアにいたころ友人らが撮影し、インターネットで配信した動画だった。荒廃した街角で、ピアノに合わせて少女たちが明るく懸命に歌う。だが、故郷の町の人口は一時の15万人以上から、今や5000人に激減してしまった▲シリア内戦はこの春で8年目に入った。アサド政権軍や反体制派、有象無象の過激派に加え、大国の思惑が入り乱れ、戦いはやまない。死者は35万人以上、国外へ逃れた難民は560万人に達した▲このほど来日したエイハムさんは東京と広島で演奏し、日本人聴衆に語った。「シリアの人たちは助けを必要としています。戦争が遠くにあるものだと思ってほしくない」。今この時にも市民の犠牲が出ていることを忘れてはならない。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
    2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
    3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
    4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
    5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです