シリア

化学兵器調査団 「使用」現場で試料採取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ブリュッセル八田浩輔】シリアの化学兵器使用疑惑を巡り、化学兵器禁止機関(OPCW)は21日、首都ダマスカス近郊ドゥーマの現場の一つで初めて試料を採取したと発表した。調査団は今月14日にダマスカスに入っていたが、シリア政府とその後ろ盾のロシアが、「治安上の理由」で現場での調査を認めていなかった。

 OPCWの発表によると、調査団が採取した試料はオランダ国内のOPCWの研究施設に送られた後、今後数週間かけて別の複数の研究施設で分析する…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

あわせて読みたい

注目の特集