メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

「ターナー 風景の詩」展 あす開幕 自然の崇高さ、畏敬の念込め 福島・郡山市立美術館主任学芸員 富岡進一さん

富岡進一さん

 英国を代表する風景画の巨匠、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775~1851年)の画業を紹介する「ターナー 風景の詩」展が24日、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(東京都新宿区)で開幕する。田園や海、山々など刻々と変化する自然を描き出し、後の印象派にも大きな影響を与えたターナー。日本側監修者として本展に携わる福島・郡山市立美術館主任学芸員の富岡進一さんに、作品が生まれた背景や魅力を語ってもらった。

 英国を訪れたことのある人なら誰でも、この国の天気が移ろいやすいということに気づくはずである。晴れた…

この記事は有料記事です。

残り1350文字(全文1611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです