メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
教育の窓

冬山登山、安全へ試行錯誤 栃木・高校生雪崩死亡事故から1年

高校山岳部の顧問教諭を対象とした講習会で、冬山登山での対応などを学ぶ参加者ら=群馬県片品村で2018年2月16日、萩原桂菜撮影

 <kyoiku no mado>

 栃木県那須町で昨年3月、登山講習会に参加した県立大田原高校の生徒ら8人が死亡した雪崩事故から1年が過ぎた。毎日新聞が各都道府県の高校体育連盟(高体連)などに実施したアンケートでは事故後、8道県が昨年度の冬山登山を中止した一方、16都府県は継続していた。高校生は部活動で冬山登山を行うべきか、行うなら生徒の安全をどのように守るのか--。教育現場での試行錯誤が続いている。

この記事は有料記事です。

残り2392文字(全文2594文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  3. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

  4. 大阪万博へ2025本の桜を植樹 府内各地に21年度から

  5. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです