メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

第二の人生 起業に「挑戦」

開店の準備をする村上孝博さん=横浜市南区の「カフェらいさー」で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 自ら起業したり、フリーランスになったり。退職後の60代を中心にしたシニア世代の活躍が目立ってきた。「人生100年時代」の中での節目を迎え、どう「第二の人生」を歩んだらいいのだろう。

 ●銀行マン→パン屋

 焼き立ての香ばしい匂いが漂ってくる。3月30日朝、横浜市南区の大通りに面したマンション1階のパン屋「カフェらいさー」。元銀行マンの村上孝博さん(67)=同市中区=は、厨房(ちゅうぼう)で開店の準備に余念がない。看板商品は米粉を使ったパンやシフォンケーキだ。午前11時、開店。東京都内から来た男性客もいて、人気のほどがうかがえる。

 岐阜県内の高校を卒業後、東海銀行(当時)に入った。融資や営業などに携わり、バブル経済崩壊を受けて不…

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1782文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  4. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです