メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

第二の人生 起業に「挑戦」 「黄金の15年」主体性持ち楽しむ 「定年後」著者・楠木新さんに聞く

 <くらしナビ ライフスタイル>

 シニア世代の働き方について、「定年後」(中公新書)などの著書がある楠木新(あらた)さん(63)に聞いた。

 退職後、シニアが「第二の人生」を豊かに生きる秘訣(ひけつ)は何ですか。

 --私は「主体性」だと思います。定年まで働いて退職した人だと、ある程度は年金が出るので、路頭に迷う人はあまりいません。サラリーマンは、会社を離れて主体性を持てるかどうかが重要です。定年後の切り替えがうまくできるかどうか、事前に準備できるかどうかがポイントになります。

 起業や独立、フリーで働くことを考える場合、いつから準備すればいいのでしょう。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文599文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです