メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

第二の人生 起業に「挑戦」 「黄金の15年」主体性持ち楽しむ 「定年後」著者・楠木新さんに聞く

 <くらしナビ ライフスタイル>

 シニア世代の働き方について、「定年後」(中公新書)などの著書がある楠木新(あらた)さん(63)に聞いた。

 退職後、シニアが「第二の人生」を豊かに生きる秘訣(ひけつ)は何ですか。

 --私は「主体性」だと思います。定年まで働いて退職した人だと、ある程度は年金が出るので、路頭に迷う人はあまりいません。サラリーマンは、会社を離れて主体性を持てるかどうかが重要です。定年後の切り替えがうまくできるかどうか、事前に準備できるかどうかがポイントになります。

 起業や独立、フリーで働くことを考える場合、いつから準備すればいいのでしょう。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです