メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・それホント?

存在感増す「トラガール」 人手不足で新たな担い手

運転席でハンドルを握る「トラガール」の片桐千晴さん=愛知県豊橋市で3月19日

 「トラガール」と呼ばれる運送業界で働く女性トラックドライバー。業界にわずか2・4%しかいないが、人手不足の中、新たな担い手として存在感が出てきているという。トラックに同乗した。

 愛知県豊橋市の運送会社「マイシン」を訪ねた。敷地内の荷降ろし場で複数のフォークリフトが疾走する。動かしているのはみな女性。男性社員は現場に出ており、姿はない。日中の時間帯は、子育て中の女性が貴重な戦力となる。

 片桐千晴さん(34)の助手席に乗せてもらった。大型トラック(車両総重量11トン以上)の視界は広く、遠くまで見渡せる。死角を確認するミラーがたくさん付いている。この日は雨が降っていた。「運転にはすごく気を使いますね」。ブレーキは慎重にかけ、右左折時はゆっくりとハンドルを回す。積み荷が崩れる恐れがあるからだ。しばらく走り、大きな瞳をこちらに向けた。「ずっと大きい車に乗りたかったんです」

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです